椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアの原因

背骨(脊柱)というのは、椎骨という骨が重なりあってできています。その間には椎間板が靭帯と共に存在します。その椎間板がどのような状態になったときに、椎間板ヘルニアというのかについて説明をします。それは、椎間板の中にある髄核を包む線維輪が破けて髄核が、飛びだしたり、線維核が変形して、元にもどらない状態になったときに椎間板ヘルニアといわれています。

また、この状態になった時に腰、脚への痛みや痺れるという症状は椎間板が脊髄の中を通る太い神経を圧迫するために起こっているわけです。以上が大きく申し上げて、椎間板ヘルニアになる原因と言われています。

また、最近、その圧迫の仕方により二つにわけることができるそうです。一つは、神経根圧排型と呼ばれる椎間板が神経根を圧迫するヘルニアです。治療方法は、保存療法となります。二つめは、神経根絞扼型と呼ばれるヘルニアと脊柱管狭窄の合併と言われていますが、治療方法は早期な手術を必要とすると言われています。