痛みに対する精神的なケアについて

痛みに対する精神的なケアについて

痛みを軽減する方法としては、診療内科を受診することが良いとも言われています。この理由は、診療内科では、心と身体の両面(リエゾン医学)からの痛みについてケアをしているからです。たとえば、その痛み自体がどのように精神に影響を与えているのかについて、学問的に経験と知識から成りたっていると言われています。

それでは、痛みが与える影響について説明をします。痛みを長い間継続的に感じていると脳が痛みを覚えてしまい原因が除去されたとしても、痛みの感覚だけが脳のネットワークに残り、強調されてしまうことが多々あります。たとえば、寒くなると体の筋肉が萎縮して脚に痛みを感じやすくなり、それが継続的に続くと自分の周りに対して、消極的になりやすくなったり、思考回路が鈍化してきたり、不安を感じ始めたりして、精神状態が日々悪化していく傾向が強くなります。最近では、その精神状態から開放するために、軽い運動をすることで筋肉を解しながら精神的に痛みを和らげることが良いと言われています。軽い運動とは、散歩をしたり、スポーツジムへ行き、短時間だけルームランナーを歩いたり、ストレッチをして体をほぐしたり、そのあとにサウナや入浴をして、気分転換をさせながら、痛みを軽減させることです。それは、意識を痛みに集中させるのではなく、他のことへ気を紛らせることにより、痛みに対してケアをしていることになるからです。