慢性と急性疼痛について

慢性と急性疼痛について

慢性の腰痛とは絶えず毎日に痛みがあることを言います。たとえば、3ヶ月以上痛みが続くと慢性腰痛といいます。一方、急性腰痛とは痛みが始まってから3ヶ月未満に鋭い痛みがあり動けなくなるケースのことを言います。しかし、何かをきっかけとして始まった腰痛がしだいに悪化していき、急性腰痛が繰り返しておこることで、慢性腰痛になる場合もあります。

そして、もし慢性でも急性でも以下の症状が発症した場合は、医療機関を受診したほうがよいと言われています。それは排泄障害と脚の筋力低下が起こったときになります。次に、慢性、急性腰痛の原因について簡単に説明をします。まず、急性腰痛の原因は、椎間板ヘルニア、背骨の骨折、ぎっくり腰、腰椎分離症などがあります。慢性腰痛の原因としては、メンタル的な問題からの発症、常に腰に負担がかかっている人(原因がわからない)、椎間板ヘルニア、腰椎分離症、脊柱管狭窄症などその他いくつかの原因があります。慢性腰痛ならば、がんも考えられるので、一度医療機関を受診してみることをお勧めします。