痛みや痺れの原因を調べる

痛みや痺れの原因を調べる

医療機関を訪問しますと、医師は問診を行い、神経学的な検査と画像診断をします。(X線,CT,MRI)

神経学的検査とは、以下のテストを行います。それは、障害のある場所を明らかにすることですが、その後は、画像診断でどのように障害されているのか調べることになります。

神経学的検査:

・疼痛誘発テスト:

A:SLRテスト(ラセーグテスト)

仰向けに寝ます。次に、膝を伸ばした片方の脚を少しずつ上げていきます。直角に上がるかどうかで椎間板ヘルニアを疑います。

B:ブラガードテスト 

うつ伏せになり、足首を曲げて片方の脚を少しずつ上げていきます。そして、痛み、痺れが出るかどうかを確認します。

C:FENテスト(大腿神経進展テスト)

うつ伏せになり、片脚を曲げ、お尻に近づけていき痛みがあるかどうかを確認します。

・起立歩行テスト

  歩き方、姿勢、麻痺の有無、脚の筋力などを確認します。

・知覚テスト

  どの神経、脊髄が異常にあるのか調べるものです。