椎間板ヘルニアの手術(髄核摘出系の手術)

椎間板ヘルニアの手術(髄核摘出系の手術)

はみ出した髄核を取ってしまう手術です。
全身麻酔が必要という問題点はありますが、はみ出た部分を削除するので、効果は確実です。

・ラブ法(LOVE法)
椎間板ヘルニアの手術の中でも古くから行われてきた、最もオーソドックスな手術がラブ法です。
全身麻酔をかけ、背中側を数センチ切開して腰椎の一部を削って、脊髄神経を圧迫しているはみ出た髄核を切除、摘出します。
以前は目視で行っていた手術ですが、今では顕微鏡を併用することにより、切開部をより小さくする、マイクロラブ法という手術もあります。
手術時間は通常30分から1時間程です。
ラブ方式では10~20日程度の入院が必要ですが、マイクロラブ方式では10日程度の入院となります。

・内視鏡下ヘルニア摘出術 (MED法)
全身麻酔をし、「内視鏡」を用いヘルニアを摘出する手術です。
背部を1.5cm~2cm程切開して内視鏡と外筒管を挿入し、内視鏡の画像を頼りに外筒を使ってはみ出た髄核を切除する方法で、ラブ法より傷口が小さいので、身体へのダメージが少なく術後の痛みも軽いのが特長です。
手術時間は、1時間程度で入院期間は、1~2週間が目安です。
しかし、手術自体は内視鏡の映像範囲に可視範囲が限られる為、高度な技術が必要な事や、施術してくれる病院がまだ少ないことなどが問題点です。
ラブ法と共に保険が適用されます。