椎間板ヘルニアの手術(髄核減圧系の手術)

椎間板ヘルニアの手術(髄核減圧系の手術)

椎間板ヘルニアは身体の圧力によって椎間板にヒビが入り、中にある髄核がそこからはみ出して神経を圧迫することによって、痛みなどの症状が出てくる病気です。
髄核減圧手術は、椎間板にかかる圧力を分散して、圧力で硬くなった髄核を柔らかくして神経への圧迫を減らすことが目的で行われる手術です。

・レーザー治療
別名を経皮的髄核減圧手術(PLDD)と呼びます。
椎間板の中心部に残った髄核に高出力のレーザーを照射し、水分の多いゼリー状の物質である髄核から水分を蒸発させることによってできた空間に、飛び出していた部分が戻ることで神経への圧迫を取り、ヘルニアの痛みが改善されるというものです。

切開の必要がなく、レーザーを照射するための小さい穴を開けるだけでよいので身体へのダメージが少ないのが最大のメリットです。
また、切開しないために手術時間が通常30分以内と短い事、日帰りでも可能な手術方法である事など、優れた特長があります。
しかし、レーザー治療は、椎間板ヘルニア 部分に水分が多い若い人に対しては効果が期待できるものの、年齢とともに水分量が少なくなっている高齢者には効果が出ない場合があります。

また、髄核が飛び出してからの時間の経過が長くなると、髄核が固くなってしまい十分な効果が出ない場合がありますので、早い時期でのレーザー治療が望まれます。
保険が適用されないため費用も高いので(20~40万円程度)、レーザー治療の効果が期待できるかどうかなども担当の医師とよく相談する必要があります。

・経皮的髄核摘出術(PN法)
エックス線透視のもとで、背中に直径4㎜程度の管を刺し、鉗子を入れて椎間板から脱出した髄核(=ヘルニア内容)を摘出する手術で局所麻酔にて行います。
髄核を摘出することにより椎間板の中の圧力が下がり、神経への圧迫が弱くなり症状が軽くなります。
手術時間は30分~1時間で、欧米では日帰り手術として行われています。

局所麻酔なので体への負担が少ない事や、健康保険が適用される事は良い点といえるでしょう。
しかし、レーザー治療同様に効果の出ない椎間板ヘルニアがあることや、過去に椎間板ヘルニアを手術した人には勧められないということなど、いくつかの適応条件がありますから事前によく調べておく必要があります。
また、髄核を摘出してヘルニア自体は治りますが、痛みやしびれなどは残る場合があります。