椎間板ヘルニアの治療 (ブロック注射)

椎間板ヘルニアの治療 (ブロック注射)

神経・神経周辺の組織に局所麻酔薬を注射します。
病状によってはステロイド剤(副腎皮質ホルモン)を注射する場合もあります。

脳に伝わる痛みの信号を一時遮断する注射です。
つまり、痛みに関係している交感神経の緊張をやわらげて、痛みを感じない状態にします。

下半身全体をカバーする硬膜外ブロック注射、特定の神経根だけを狙い打つ神経根ブロック注射や椎間板自体にステロイド剤を注入する椎間板内ステロイド注射があり、医師が必要と認めた場合、健康保険が適用されます。

しかし、ブロック注射自体がかなりの痛みを伴うものであり、効果が切れて痛みが戻るまでの期間や、戻ってきた痛みの程度などには個人差があります。

・硬膜外ブロック
脊髄を覆う膜の中で一番外側を包んでいる膜を「硬膜」といいます。
硬膜と黄色靭帯の間にある数ミリの隙間(硬膜外腔)に局所麻酔を行い、痛みという神経機能をブロックすることにより、末梢神経や交感神経の機能が抑えられ、患部の痛みがやわらぎます。
また血管が拡張して血行が改善される事も、痛みの緩和に効果的であります。

主に骨や椎間板、神経に起因する腰痛全般に適応されますが、馬尾神経の障害によって生じるしびれ症状には適応されません。
硬膜外ブロック注射はブロック注射の中で、最も安全性が高いといわれています。

・神経根ブロック
脊髄神経から枝分かれしている神経根に直接針をピンポイントで差し込んで、局所麻酔剤や症状によっては抗炎症剤を注入し、痛みを根元から遮断します。

施術を確実にするため、注射は造影剤を使用してX線透視下で行われます。
施術者はたいへん高度な技術が必要とされます。
ヘルニアで圧迫されていることから起こっている激しい腰痛や神経痛、足にしびれがあるものなどに適応する治療です

・椎間板内ステロイド注射
これは椎間板自体にステロイド剤を注入し、痛みを緩和させる方法です。

ブロック注射後の注意点としては、当日シャワー程度にして入浴は避ける事、また合併症を引き起こす可能性があるので、運動をしない事などがあげられます。
また、心臓病・脳血管障害・アレルギー体質などの発症例がある人には適しません。