椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアの原因は様々ですが、多くの場合は下記のようなことが原因になっています。

・姿勢の悪さに起因する背骨の歪み
姿勢の歪みや、ずっと同じ姿勢を続けることで限られた腰椎に負荷がかかってしまったり、筋肉疲労が蓄積されてしまいます。

また、悪い姿勢の状態で偏った動作をくり返すと、背骨や骨盤にズレが生じやすくなりこれが背骨(腰椎)の傾く原因となります。

体の歪みは腰痛を引き起こす原因となるばかりか、血行不良や内蔵機能の低下にもつながり肩こりや冷え性、睡眠障害、肥満など様々な症状となって現れてしまいます

正しい姿勢は横から見たときにS字のような緩やかなカーブを描いています。
このS字カーブの事を「生理湾曲」と言います。
姿勢の悪さで生理湾曲が狂うと、腰へかかる負担が非常に大きくなり、椎間板ヘルニアを引き起こす原因となり、また他の部位へも悪影響を及ぼします。

・日常生活での動作
中腰で重い荷物等を背骨を使って持ち上げたり運んだりする事、腰を強くひねる(ゴルフやテニスの素振り等)事や長時間の座り仕事や運転などで背骨に負担をかけることになり、これらの動作を繰り返すことで椎間板ヘルニアになることが多いのです。

・椎間板の老化
椎間板の加齢的変化は20歳代から既に始まっており、だんだんと弾力性が欠けてゆくといわれています。
この加齢的変化が進行すると、少しの衝撃や圧迫に耐えられなくなり髄核が突出しやすくなってしまいます。 

・骨の老化
加齢によるものや偏食によるカルシウム不足などが、骨粗しょう症や骨の変形の原因となり、もろくなった骨は僅かな衝撃にも耐えられず、骨が欠け椎間板を潰してしまうことがあります。