腰椎椎間板ヘルニアの症状・・坐骨神経痛

腰椎椎間板ヘルニアの症状・・坐骨神経痛

腰椎椎間板ヘルニアというと「坐骨神経痛」の痛みが思い浮かべられます。
この「坐骨神経痛」とは、坐骨神経が圧迫されて引き起こされる神経痛の症状名で病名ではなく、ヘルニアの代名詞のようにいわれることがあります。

ヘルニアの程度によって痛みの程度も様々で、軽症のものから日常生活に支障をきたすような重篤なものもあります。

お尻から太ももの裏、ひざから足首までの部分の外側や後ろにかけて鋭い放散痛(強い刺激を受けたとき、刺激を受けた場所だけでなく、周囲にも痛みが広がっていくこと)が走り、症状が悪化していくと足の先まで痺れてしまいます。

症状は
・正座は勿論、椅子にもじっと坐ってはいられない。
・仰向けの姿勢で寝ていられない(横向きでエビのように丸くならないと寝られない)。
・激痛の為に立っていることも、歩くことも困難になる。
などですが、さらに悪化すると下肢にしびれと共に知覚障害を発症し、下肢の筋肉に麻痺が起こることがあります。

坐骨神経は第4、5腰神経と第1~3仙骨神経からなっていて、末梢神経のなかで最も太く長い神経です。

坐骨神経痛は、神経が腰椎の隙間から出て骨盤をくぐり抜け、お尻の筋肉から出てくる間のどこかで、圧迫や絞扼などの障害を受けることで発症するのです。
ほとんどの場合、坐骨神経痛は片側に出ますが、ヘルニアの位置や大きさにより両側に出現することもあります