椎間板ヘルニア手術の病院選び

椎間板ヘルニア手術の病院選び

重症の椎間板ヘルニアでは手術が必要になる場合があります。
椎間板ヘルニアの手術は決して簡単で安全な手術ではありません。
どのような手術方法であっても、合併症や後遺症のリスクを伴い、最悪の場合には脊髄や神経の損傷により四肢麻痺などの障害を残す可能性のある極めて難しい手術といえます。

病院を選ぶ際の考え方として、最優先事項は手術件数です。
手術件数が多い病院は、技術が高く優れた病院で経験豊富な医師がいる可能性が高いと思われます。

手術を受ける場合、手術方法は可能な限り最小侵襲手術(内視鏡下手術・顕微鏡下手術)を原則とする必要があります。
その為、病院選びの時に注意しなければいけないのが手術方法で、全体の手術件数が多い病院よりも最小侵襲手術の件数が多い病院を重視して選ぶべきだと思います。
椎間板ヘルニアの手術方法はいくつかありますので、自分が受けるつもりの手術方法では、どの程度の件数をこなしているのかということも重要です。

大学病院、有名病院だから技術力が高いという先入観は持たないように、また、医師の言うことであっても、全ては信用せず自分の力で最善の病院、執刀医を探すことがベストです。

これは内視鏡手術のみに関係することですが、技術認定制度がありこれは誰でも取得できる資格ではなく、厳しい認定基準を満たす必要があります。
認定資格を持っている医師がいる病院であれば、技術力が優れているという判断ができるでしょう。

公益社団法人日本整形外科学会のホームページには、病院や医師の詳しい情報が掲載されていますので参考にすることができると思います。