老化現象と腰痛症の種類

老化現象と腰痛症の種類

人間は誰しも歳をとっていきます。年齢を重ねると、直立歩行による支えていた部分が炎症や痛みを与えることになります。

老化現象と言うものを自覚できると言うことはかなり難しいことだと思いますが、むしろ普通の方達では、症状がでていることで初めて自らの老化を意識できるものだと思います。

それでは背骨の老化が起こるとどうなるのか、について簡単に説明をします。

それは、背骨の骨、椎間板、靭帯などが老化しますと、炎症・痛みが起こります。

このようなことを理解した上で、主な腰痛症の種類について説明します。

一般的に腰痛症とは原因がはっきりしないものを示していますが、

しかし、腰痛症の1/3にあたいする疾患の多くは、原因となっている病名がそのままに使われています。

たとえば、それらは「骨粗しょう症、腰部脊柱官狭窄症、腰椎変性すべり症、変形性脊椎症」などと呼ばれています。

また、椎間板の老化は何歳のときから始まるのかと言いますと、一般的には、老化の始まりは20歳からと言われています。結構早い時期から椎間板の老化が始まっていることになります。こういうことを知識として知っていると、年齢を重ねた時の人生に備えて体をいたわることを常に考えておくことも大切だと思います。