椎間板ヘルニアとプラセンタの効果

椎間板ヘルニアとプラセンタの効果

椎間板ヘルニアは、残念なことに習慣づいてしまう事があります。
激しい痛みを伴う腰痛がクセになってしまっては大変です。

治療法や予防法は様々ですが、最近女性の美白や肌のハリ、アンチエイジングで注目されているプラセンタが、椎間板ヘルニアに効果的だと言われ始めているのです。

プラセンタは、ほ乳動物の胎盤で豊富な栄養分を含んでいて、傷ついた体の組織や老化を修復させ、また関節痛の改善、新陳代謝を促進して冷え性も改善されるといわれています。

何と言ってもプラセンタの最大の効果は、体を本来あるべき姿に戻すということです。

腰痛からさらに椎間板ヘルニアになった場合、プラセンタで突き出してしまった椎間板を元に戻すことはできません。

しかし、プラセンタは脳に痛みを緩和する指令を出します。
また、椎間板のまわりの組織を柔軟にして痛みをやわらげることができます。

老化や傷ついた組織を修復する効果があり、椎間板ヘルニアの回復を早めるだけでなく、骨自体を強化する働きも持っていますので、ヘルニアになりにくい体質作りを可能にしてくれます。

プラセンタは、BSEの心配がない豚の胎盤が使用されていて、サプリメントや注射、美容液などからとり入れることができます。
注射は病院のみで対応できます。

腰痛への効果をすぐに実感できるのは注射やドリンクなのですが、注射はアレルギー反応などの副作用の可能性が全く無いわけではないので、医師に十分な説明を受ける必要があります。

プラセンタは生命体からとったものなので、スムーズに体に浸透します。
ただし、プラセンタの効果には個人差がある事を理解しておく必要があります。