椎間板ヘルニアと呼吸

椎間板ヘルニアと呼吸

椎間板ヘルニアを予防する時に、腹筋を鍛えることは大切です。また背筋などの体を支える筋肉を鍛えることも重要です。これは椎間板ヘルニアになっている時でも重要と言えるでしょう。しかし、考えてみると、椎間板ヘルニアの症状が出ているときに、腹筋背筋運動を行うことはほぼ不可能です。むしろやってしまうと、症状の悪化につながってしまうことがあります。そんな時に、利用できるのが、腹式呼吸です。無意識的に行っている人もいますが、肺呼吸よりも体にとって良い影響をある呼吸方法として注目されています。腹式呼吸は腹筋を効果的に利用しないとできないこともので、行うことによって腹筋を鍛えることができます。また同時に腹部の動きが非常に活発になり、内臓の動きも良くすることができるでしょう。内臓の負担が減ればそれだけ、体に余裕ができることになります。体に余裕を作っておいて、損をすることはありません。慣れないと少し苦労することもありますが、通常の腹筋をするよりは非常に楽なので、試す価値は十分あると言えるでしょう。