頚椎椎間板ヘルニアの症状

頚椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアも非常に厳しい症状を見せることが多いですが、椎間板ヘルニアの起こる頻度が腰椎の次に多い、頚椎の椎間板ヘルニアも非常に厳しい症状があると言えるでしょう。まず頚椎椎間板ヘルニアの場合、上半身に大きな違和感を感じることになります。当然痛みを覚えるようになり、上手く手を利用することができなくなってしまうでしょう。また痺れなども発生し、日常生活に大きな支障をきたすことになります。足のしびれも辛いものですが、手の痺れになると、痺れを感じることによって、手の感覚が上手く利用できないようになり、細かな作業が非常に難しくなってしまうこともあります。また同時に頭痛などの症状を覚えるようにもなり、おきているのが辛くなることもあります。ちょっとした動きで痛みに襲われることもあるでしょう。頚椎の椎間板ヘルニアは主な原因が老化という誰にでも起こるものが原因となるので、誰の場合でも大きな注意が必要と言えるでしょう。