予防できる要素は多くあります。

予防できる要素は多くあります。

頚椎椎間板を予防できる要素は身の回りにたくさんあり、有効的に行うことによって、頚椎椎間板の予防をしっかりと行うことができます。先ず大切になるのが、筋肉のリラックスです、首から肩にかけて、しっかりとストレッチを行い、血流を良くすると共に、筋緊張を下げておく必要があります。これは腰椎の椎間板ヘルニアの予防にも言えることになります。普段簡単にシャワーで済ませている人も時々お風呂にゆっくり使って、体の疲れを取ることが必要です。前進の筋肉のリラックスにつながり、ストレスの発散にもなるので、非常に健康的な予防方法になります。お風呂好きの人の場合、お風呂に入りながら、肩や首のストレッチをすればさらに高い効果を期待することができます。

最後に大切なのは、枕です。枕は睡眠の質にも影響してきますが、あまりに合っていない枕は頚椎椎間板ヘルニアの原因にもなってしまいます。15度くらいの傾斜が付く枕にしておく必要があります。