症状を自分で分析する

症状を自分で分析する

椎間板ヘルニアをはじめとして、多くの症状では自覚症状が大きなポイントとなります。この自覚症状を適確に医者に伝えることができれば、それだけ医者の判断材料が増え、効果的な診断や治療を開始することができる可能性が高くなります。痛みだけでなく、他の症状を伝えることも重要ですが、どんな痛みかを自分の言葉で知らせることも重要です。その時考えると良いのが、出切ることと出来ないことを伝えるということと痛みを感じるときと、感じないときについてしっかり伝えることです。これだけしておくだけでも、医者に知ってもらえる情報としては大きなものになります。

またどのような痛みかを伝える時に、適確な言葉が見つからないのであれば、それもしっかりと伝えておく必要があります。他の症状を経験している時は、それと比較して表現するのも良いでしょう。できる限り具体的に、表現することによって、痛みの具合や、どのくらいの症状なのかを理解することが簡単になります。