カルシウム不足で椎間板ヘルニアに

カルシウム不足で椎間板ヘルニアに

骨の主成分として知られているカルシウムですが、このカルシウムが不足することによって、骨自体が弱くなるだけでなく、他の部分にも影響を与えるようになります。カルシウムが不足すると、椎間板の強度にも問題がでるようになり、椎間板ヘルニアになりやすくなると言えるでしょう。そのためカルシウムなどをはじめとする栄養素を積極的に摂取することが大切です。若い人であっても、栄養の偏りがあると、カルシウム不足になってしまう可能性は十分あります。

少し前まではカルシウムを積極的に摂取するべきなのは、骨折をした人や、高齢者などの骨に問題が出てきてしまう人でありましたが、現代では、一見若く健康そうな人でもカルシウム不足傾向になっていることが多くなっています。食生活の変化なども影響していますが、暮らしの変化なども影響しているでしょう。それまでのカルシウムの価値感をより高め、重要性を認識していくことが大切と言えます。カルシウムだけでなく、総合的に栄養を摂取することで骨の強度だけでなく、椎間板の強度にも良い影響をもたらしてくれるでしょう。