椎間板って何をしているのか

椎間板って何をしているのか

椎間板ヘルニアというのは、簡単に言うと椎間板が脊髄神経を圧迫してしまうことによって、引き起こされるものです。この椎間板がなければ、椎間板ヘルニアは起こらないことになります。またはみだすような成分でなければ、椎間板ヘルニアの症状を体験することはなくなります。しかし椎間板がなくなってしまったり、形状を変えてしまうと、背骨自体が大きな骨折をしてしまうことになるのです。椎間板はよく言われるとおり、クッションの役割をしています。それによって背骨が正常に機能することができ、その中を神経が通ることができるようになっています。椎間板のクッション性がなくなると、それだけで体にとって大きなデメリットが出てきます。

椎間板のクッション性がなくなってしまうことはあります。椎間板の弾力性がなくなってしまうことがあるのです。高齢になるほど、クッションとしての機能性を失ってしまう傾向にあると言えるでしょう。それによって腰痛などを引き起こしてしまうこともあります。