椎間板ヘルニアはある意味一生付き合う症状

椎間板ヘルニアはある意味一生付き合う症状

椎間板ヘルニアの治療が完了して症状がなくなったとしても、一生椎間板ヘルニアのことを意識して生きていくことになるでしょう。そのためそのような意味で言うと完治するということは言えなくなってしまうことになります。しかしだからこそ、椎間板ヘルニアの症状を再度経験する可能性が低くなると言えるでしょう。椎間板ヘルニアを常に意識することができれば、悪い姿勢を長時間とっているときに大きなストレスを感じるようになります。自分で楽な姿勢を定期的にとろうと努力したり、また良い姿勢を保とうと意識することになります。場合によっては筋力トレーニングをしたりするようになるでしょう。そのため完治することが無くても、再発を意識することによって、椎間板ヘルニアの、症状を体験しないで済むことにもなります。それから一生体験しなければ完治したと言えるでしょう。

ただ、あまりにも気になってしまう場合や、動くことに対して大きく消極的になってしまうのも問題です。そのような時は、動いても大丈夫という経験を積む必要があると言えるでしょう。メンタル面での訓練が必要になってくるかもしれません。