枕の高さで、ヘルニアを予防する。

枕の高さで、ヘルニアを予防する。

椎間板ヘルニアは首の部分でも起きてきます。またそのリスクは非常に身近な部分にあると言えるでしょう。それは枕です。枕によって頚椎の部分を自然な形で保つことができれば体にとって健康的な要素をもたらしてくれますが、逆に負担になるような枕にしていると、頚椎での椎間板ヘルニアを起こしてしまう可能性があります。枕を毎日使う人は多いでしょう。その枕が頚椎の椎間板ヘルニアの可能性になってしまわないように、高さや堅さに注意しておくと良いです。首が曲がりすぎるものや、頭をしっかり固定できない枕は合っていないということになるでしょう。十分の大きさがあり、頭の位置が適切になるようにしておく必要があります。やわらかすぎる枕も良くないので、適度に堅い枕にしておくようにしましょう。

子どもの場合、寝ているときの姿勢は非常に成長に影響を与えます。しっかりと枕選びをしておくことに意味は大きいと言えるでしょう。タオルなどで高さを調節するのも良い手段と言えます。