座っているよりも立っているほうが良い

座っているよりも立っているほうが良い

腰にとってみれば座っているよりも立っているほうが負担が少なくなるものです。しかしこの中間はどうかと思ってしまう人もいるかもしれません。いわゆる中腰と呼ばれる姿勢です。実はこの中腰の体勢はあまり長時間とっていない方が良いと言えます。多くの体幹の筋肉を使うためにトレーニングになると思ってしまうこともあるかもしれませんが、限定的な筋肉に対する負担が大きすぎることになってしまい、結果的に腰を痛めてしまうことにつながってしまうこともあります。中腰の体勢をどおしても長期的に取らなければいけないようなことになってしまったら、体だけでその体勢を取ろうとせず、膝に手を置くなどして、腰の負担を軽くしていくことが必要になると言えるでしょう。

中腰になっていて疲れてくると自然と手が膝に行くことが多いと思います。中腰は素早く動く為に必要な体勢とも言うことができますが、しっかり鍛えておかないと、素早く動いた時に腰を痛めてしまうこともあります。