どこか怪我をしている人は腰にも注意

どこか怪我をしている人は腰にも注意

怪我をしてしまうとどうしても、その怪我をした部分をかばってしまいがちです。必要なことですが、あまりに怪我をしてしまうところを意識しすぎてしまうと腰を痛めてしまうこともあります。特に何かとる時に腰を無理にひねることなどをしてしまうと、バランスが取れなくなって大きな負担がかかってしまうこともあるでしょう。腰を痛めてしまうと、体を支えることが難しくなることもあるので、怪我と相まって非常に厳しい日常生活になってしまうことになります。しかし怪我した部分を意識しないでいるということは難しいことでしょう。動作一つ一つにしっかりと時間をかけて、出来るだけ負担の少なくなるような動きにしていくと良いでしょう。どこか一部分での力が大きく必要になることもあるかもしれません。そのような時でも出来るだけ動作を分解して、一つ一つ確実にこなしていこうとする努力が必要になります。楽にこなそうと思うと、どこかに無理が出てきてしまうことが多いです。