椎間板ヘルニアでの職業を知る

椎間板ヘルニアでの職業を知る

椎間板ヘルニアで理学療法士という名前を聞くことが多いかもしれませんが、同じようにリハビリの場面で活躍してくれる職業に作業療法士というものがあります。似ている名前なのですが、行なう目的としては違うものがあるので知っておくと良いでしょう。椎間板ヘルニアの症状によっては、この作業療法士の力を借りる人も出てくることでしょう。作業療法士は、工芸などを作業と呼び、それを行うことによって身体的な回復を目指す職業になります。また精神的な分野での活躍をすることもあり、身体、精神共に深く関わりを持つ職業と言えるでしょう。医療機関によっては作業療法士と理学療法士が同じようなことをしていることもあり、区別が難しい事もありますが、知っておいて損はない知識と言うことができます。自分の興味のあることを治療に生かしていくことができる可能性もあると言えるでしょう。この作業療法士のほかにも、関わりを持つ職業の人は多くいることとなります。