リハビリで見れる作業療法

リハビリで見れる作業療法

理学療法を理学療法士がやるように、作業療法は作業療法士が行ないます。しかしこのs行療法は誰でも行うことができるものとされ、何を治療にするかは人それぞれになると言えるでしょう。専門性を見出すことができれば、多くの活動や作業を治療にすることができると言えます。そのため非常に身近にあるが、遠い場所にある治療方法と言うことができます。椎間板ヘルニアの治療やリハビリの場面で、この作業療法が行なわれる事もあります。

椎間板ヘルニアのリハビリでは運動によるリハが一般的ですが、細かなことをすることでリハビリになることもあると言えるでしょう。治療やリハビリの際に、どのような職業がいて、自分の行っているものがどのような目的を持っているのかを知ると、興味も沸いてきて、やる気も上がってくるでしょう。自分が思っていたものとは違う返答が返ってくる事もあり、リハビリの深みを知ることができるかもしれません。椎間板ヘルニアのリハビリに対してより強い興味が生まれる事もあると言えるでしょう。