腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

腰痛を発症する原因において、腰椎椎間板ヘルニアは最も重症度が高く、放置しておくと神経麻痺など重篤な障害をおこしてしまいます。

主に20~30代の青年層に多く発生しますが、10代の若年層や40代の壮年層にも発生します。
腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛以外に脚のしびれや強烈な坐骨神経痛が起こり、スポーツマンにとっては選手生命にもかかわってくるほどの重大な事態になることがあります。

坐骨神経痛を起こす疾患は他にもありますので、発症時には他の疾患との鑑別が重要となります。
痛みがきつい場合にはまず安静にして、痛みが少し和らいできたら必ず専門医を受診しましょう。

症状は、腰痛の他に、体を前屈した場合の痛み、主に片側の下肢の痺れ、患部下肢の知覚障害、運動神経麻痺などがあり、重症時には排尿障害をおこすこともあり、長期化すると大腿や下腿の筋萎縮なども起こすようになります。

成長期では腰臀部痛、成人では下肢痛が特徴です。
特に運動時においての痛みは、体幹を前屈した時(前かがみ)に発症しやすくなります。

腰部脊柱筋の緊張が強くなるため、人間に本来備わっている腰椎の生理的前弯(S字カーブ)は消失してしまい、体幹の前後屈が制限されてしまいます。
因みによく似た症状を呈する腰椎分離症では、主に体幹後屈時の疼痛が特徴として挙げられます。

腰椎椎間板ヘルニアの多くは第4・5腰椎椎間板の繊維輪変性に因ることや、一部破れて中の髄核が腰椎後方に突出して第4腰神経、第5腰神経、第1仙神経(神経根)等を圧迫します。
また、圧迫される部位によって色々な症状が発生します。
左右の神経根のうち、片側の神経のみが圧迫されることが多いため、下肢の症状は片側のみにあらわれる事が多くなります。

病院での診断は、単純レントゲン、脊髄造影、神経根造影、造影CT、筋電図検査などがありますが、MRI検査が最も無侵襲で、ヘルニアの部位や突出程度を簡単に把握できる検査方法です。