椎間板ヘルニアの治療、理学療法

椎間板ヘルニアの治療、理学療法

椎間板ヘルニアの治療は、その場の痛みを抑える対症療法・・・保存療法から始められます。
殆どの場合、症状は保存的治療方法で改善されていきます。

椎間板ヘルニアに襲われた後はとにかく体を動かさないように、自分にとって楽になる体勢をとり安静にします。
ある程度痛みがおさまったら、専門医の診断を受けます。

保存治療のうち、理学療法には牽引治療、温熱治療、低周波治療などがあります。

【牽引治療(骨盤牽引)】

骨盤にベルトをかけて引っ張る治療法が一般的です。
腰椎の動きを制限し神経に与えるダメージを減らす事が目的です。
腰を引っ張ったりゆるめたりして過重をかけ、伸ばすことにより腰部周辺の筋肉の緊張を緩和し、安静を保ちます。

また、背骨のゆがみを矯正し、椎間板にかかる圧力を減らすことによって、ヘルニアの進行を防止する効果もねらえます。
殆どの整形外科で行うことが可能な、非常に一般的な治療方法です。

牽引には2通りの方法があります
・間歇牽引  体重に合わせて15~20分間断続的に牽引する
・持続牽引  弱い力で数時間牽引する

しかしながら、長期の漫然とした牽引は、生理湾曲まで牽引でまっすぐになってしまうケースもあるようで、かえって症状を長引かせる事もあるといわれます。

残念な事にせっかく椎間板ヘルニアが改善したのに、改善後に慢性的な腰痛に悩まされるという事になりかねません。
必ず信頼のおける医師・専門家の指示を仰ぎましょう。

【温熱療法】

温湿布や電気器具を使用し、原因となる患部を温めて血行を良くし、緊張した筋肉をほぐし痛みをとる治療法です。
この治療法は、痛みが激しい急性期や、妊娠している人、高血圧、糖尿病、がんの人はできません。

その他、濡らしたタオルをレンジなどであたためて使用したり、ドライヤーの温風をあてて温めたり、使い捨てカイロを患部にあてて温めたりするなど、家庭で行うことができる方法があります。
しかし、自己判断で行うものではありません。必ず医師に相談して下さい。

【低周波治療】

腰痛などの体の痛みを改善および軽減を目的とする治療で、電極を2箇所体に付けて低周波電流を流す方法です。
低周波による電気刺激で筋肉を収縮させ、血行を良くし新陳代謝を活発にします。
疾患部から脳へと送られる「痛み」の電気信号よりも早い速度でパルスを与える事により、「痛み」の電気信号を遮断し、鎮痛効果をもたらします。