椎間板ヘルニア、上手な筋肉の鍛え方

椎間板ヘルニア、上手な筋肉の鍛え方

椎間板ヘルニアの原因の1つには筋肉の衰え、機能不全、疲労など、筋肉に関わる点があります。
腰痛の原因のひとつが、筋肉疲労による炎症や、血行不良と言われています。

人間の体には合計で400もの筋肉がありますが、殆どの人がなかなかその筋肉を使いこなせていないと思われます。

せっかく与えていただいた筋肉です。
限定的にある部位だけを鍛えるよりも、全身の筋肉を上手くバランス良く使って負荷を分散させるようにして、腰痛の防止をしたいものです。

腰椎椎間板ヘルニアを起こす原因は、筋肉の強張りのアンバランスによる体の歪みによって、椎間板や脊椎(背骨)の一定の場所に負荷がかかり、結果として、椎間板がはみ出す事態になるのです。

椎間板ヘルニアを予防するには「全身の筋肉を上手に使い、筋肉にバランスをもたせる」ことが必要です。
1つの筋肉を鍛えても、その筋肉と他の筋肉の間に力の伝達能力がなければ他の筋肉にとっては、立派に鍛えられた筋肉も役に立たない事になります。

筋肉は、常に複数の筋肉との連携で大きなエネルギーを生み出しています。
我々が筋肉トレーニングといって思いつくのが「腹筋」「背筋」「上腕二頭筋」「大腿四頭筋」などです。

これらはどの筋肉も、鍛える事によって見た目が随分と変わってくる筋肉なのですが、筋肉を本当に活用しようというのであれば、その周辺にある小さな筋群をしっかりと使い、力の伝達能力をつけることが重要といえます。

1つだけ突出した筋肉では周囲の筋群に負担がかかるだけです。
大切なのは筋肉全体のバランスです。
筋肉の「使い方」をしっかりと感覚で掴み、自分が今はどの筋肉を使っているのかを頭で理解できるようになることがポイントです。