椎間板ヘルニアに関わる筋肉「腹直筋」

椎間板ヘルニアに関わる筋肉「腹直筋」

椎間板ヘルニアの原因の1つには「筋肉の衰え」「筋肉の機能不全」「筋肉の疲労」など、筋肉に 関わる点があります。
椎間板ヘルニアの予防や再発防止に「腹直筋」を鍛えることが重要となります。

「腹直筋」は腹部の筋肉のうち前腹壁の中を走る前腹筋の一つで、我々が普段よくいう「腹筋」のことです。
体を丸める動作や寝ている状態から起き上がるような動作、体をひねって回転させるような動作を力強く行うためには、腹直筋の働きが重要になってきます。

さらに腹直筋には運動の動作ための収縮だけでなく、内臓の位置を支えたり、お腹の中に圧力を保つ事で内臓や骨を衝撃から守るという働きもしています。
腹筋は姿勢を保ったり、呼吸を行う上でも重要な筋肉なのです。

腹筋が発達していて体脂肪率が低い人は、「腹筋が割れている」という表現をされることがありますが、腹直筋自体は切れ目の無い一枚の大きな筋肉です。
主に縦の動きに対して強い腹筋で、捻り,横の動きにはそれ程強くは無いので、鍛え方には注意が必要です。

腹筋は体内でコルセットの一部分の役目をはたしていて、この筋を強化することにより骨盤が安定し、腰の痛みもでにくくなり、そして椎間板を圧迫しないように体を支える働きをしてくれます。