椎間板のヘルニアの手術費用について

椎間板のヘルニアの手術費用について

椎間板のヘルニアの場合、治療法は多くは安静にして薬の服用やコルセット、ブロック注射、理学療法などの保存的治療がおこなわれます。

それらの治療で効果が得られず、痛みがひどく日常生活に支障が出る場合などに手術が選択されることがあります。

手術には複数の方法があり、患者の症状や、病院や医師の方針・経験・技術などから手術方法を提案されます。

健康保険が利用できる手術法としては、「ラブ法」・「内視鏡視下手術(MED法)」・「顕微鏡視下手術(MD法)」・「経皮的髄核摘出術(PN法)」・「椎弓切除術」・「固定術」がありPN法を除いて、入院期間が最低でも1~2週間は必要となります。

具体的な費用は、3割負担で2週間入院の場合、15~30万円の人が多いようですが、手術方法、入院期間、検査内容、個室利用の有無などの条件で費用は大きく変わってきます。

また、健康保険が適応されない方法として「レーザー治療(PLDD)」があります。
この治療方法は、体への負担が少なく、入院期間も短くて済むことが利点なのですが、費用が全額自己負担で20~50万円かかるといわれています。

椎間板ヘルニアの手術費用は、入院、検査、手術、リハビリ代など、全て含めるとかなりの高額になります。
高額医療費の対象となりますので、一定額以上の支払い分に関しては、加入している社会保険などから、払い戻しされます。

また、保険の種類によって違いがあるようですが、現在では入院前にあらかじめ請求しておくことで、窓口支払いの際に実質負担分のみ支払えばよいという制度もあります。
自分の加入している保険事務所などで良く確認して、必要な書類などは取り寄せて、先に手続きをしておくと良いでしょう。

高額医療費の計算は、月単位で行われます。退院後の経過観察のための通院も、高額医療費の対象となりますので、そのあたりの事もよく考えて入院や手術の日取りを決めると、費用の面で違いが出てきます。

また、自分が加入している民間の保険会社の生命保険に関しても、椎間板ヘルニアの手術費用に関してもカバーしているのかどうか、しっかりと確認しておく必要があるでしょう。

手術は体への負担も金銭的な負担も大きいものです。
病院の医師の説明が不十分だと感じれば、自分に合った納得のできる治療が行えるよう、積極的にセカンドオピニオンを受けることも重要になります。