若年性腰椎椎間板ヘルニア

若年性腰椎椎間板ヘルニア

若年層の椎間板ヘルニアと、高齢者のヘルニアの違いとはどのようなものでしょうか。

若い人は、高齢者に比べて神経組織の緊張が強いため、前傾姿勢で生じる痛みや、ラセーグ兆候(仰向けの状態で下肢を伸ばし上げると、坐骨神経痛が増強する)が強く出ます。
一方、高齢者では脊椎管狭窄を合併しやすく、強い下肢痛や体を反らすと痛みが増し、歩行障害などを起こすようになります。

・若年性腰椎椎間板ヘルニア
17歳くらいまでの若年者は、椎体がまだ成長中で椎間板への血流もよく、髄核もみずみずしいのに腰椎椎間板ヘルニアが起こる事があります。

腰痛とともに下肢痛を発症し、ラグーゼ兆候はより強く出現するのですが、神経症状に乏しく、また必ずしもヘルニアのレベルに一致した症状が出ないことが特徴とされ、MRIなどの画像診断でも所見を見つけだすことは困難なようです。

しかし、時として未熟な椎体の軟骨が剥離を起こし髄核が飛び出すと、脊髄を圧迫し下肢マヒとともに排尿障害などの重い症状をおこすことがあります。

若年性椎間板ヘルニアは、CLIPと呼ばれる蛋白質が変異し、軟骨の成長を妨げることが発症要因のひとつとされていて、遺伝的な影響が大きいといわれています。
また、約半数は外傷を誘因として発症します。
若年性椎間板ヘルニアは、椎間板内圧が高く、高齢者に比べると強い症状を呈しやすくなっています。

このようなヘルニアに対しては、保存療法で治療することは困難で、すぐにでも手術が必要となります。自覚症状は手術後、短期間で消失します。
また、長い間腰痛に悩まされ、日常生活に支障はないもののスポーツ活動が十分行えないといった若年者のスポーツ選手などには、経皮的髄核摘出術が行われています。

・高齢者のヘルニア
加齢によって椎間板の変性が進み、繊維輪も髄核も水分がなくなり、パサパサになって弾力がなくなります。
このような高齢者のヘルニアは、変形性脊椎症や脊椎管狭窄症の部分現象としてとらえられることになります。