経皮的レーザー椎間板減圧術(PLDD)

経皮的レーザー椎間板減圧術(PLDD)

椎間板ヘルニアの多くは、数カ月のうちに縮小または消失し、痛みや痺れなどの症状もその間徐々に緩和されます。

しかし、残念ながら状態が重篤で、保存的治療で効果が見込めない場合や、社会への早期復帰を希望する場合など、医師によって椎間板ヘルニアの手術が勧められます。

手術の方法は色々ありますが、現在最も患者への負担の少ない方法は、レーザーを使った手術方法です。

高出力レーザー 経皮的レーザー椎間板減圧術(PLDD)とは、保存療法と切開しての手術の中間的治療法で、日本では1992年から行われています。

椎間板ヘルニアになると、椎間板の内圧が上昇し、ヘルニア塊が神経を圧迫し痛みが発生します。

レーザー治療は 皮膚の上から数ミリの針を刺し椎間板中央の髄核にレーザーを照射し、髄核の一部を蒸散させ空洞を作ります。
この空洞ができたことで椎間板内の圧力が減少し、ヘルニア(飛び出てしまっていた髄核)が引っ込み、神経への圧迫を解消し、症状を緩和させる治療法です。

治療にかかる時間はおおよそ10数分ですが、残念ながら、すべての椎間板ヘルニアに有効と云えず、ヘルニアが巨大になっている場合など、一部のヘルニアでは効果がほとんど無いものもあります。

しかし、初期症状の椎間板ヘルニアでは、高い効果が期待できます。
入院の必要が無く、日帰りが可能である事・局所麻酔で行われる為、体への負担が少ない事などはとても大きなメリットです。

長期入院はしたくないという方などは、外科手術を受ける前の診断的治療としてPLDD治療を受けるという考え方もあるようです。
手術を希望するのであれば、担当の医師とよく相談してから受けましょう。

高出力レーザー 経皮的レーザー椎間板減圧術(PLDD)は、残念ながら今のところ健康保険適応外ですので、およそ20万から40万の費用がかかるようです。

個人で加入している生命保険や医療保険によっては、「手術給付金」「手術特約」等の支払い対象になる場合もありますので、自分が加入している保険会社に相談してみるといいでしょう。