腰椎椎間板ヘルニア、予防法は

腰椎椎間板ヘルニア、予防法は

腰椎椎間板ヘルニアは、青壮年期・・いわゆる働き盛りの年代を襲う、腰痛の代表的な病気と言われています。
腰椎椎間板ヘルニアでは、いきなり「ぎっくり腰」と呼ばれる急性の腰痛に襲われることが多く、動くと激痛に襲われるため、身動きさえできなくなる場合があります。

椎間板ヘルニアが腰痛のみの症状の場合は、安静にして患部を冷やしたり、鎮痛消炎剤などを服用すれば、比較的短期間で症状がおさまることが殆どです。
しかし、腰椎への過剰な負担が加わった時に、また同じ症状を繰り返してしまうと、腰痛のみにとどまらず下肢の痛みやしびれで、日常生活や仕事にも大きな支障をきたしてしまいます。

腰椎椎間板ヘルニアの予防並びに再発防止法は、
・日頃から腰への過大な負担を避ける(腰に負担のかかる姿勢は避ける)
・ストレッチや運動などで、腰の回りの筋肉や腹筋・背筋を鍛える(筋肉で自前のコルセットを作る)
・正しい腹式呼吸をマスターして生活に取り入れる
というような、ちょっとした心がけを忘れないことです。

しかし、背骨に必要以上の負荷がかかる運動は、ヘルニア予防には逆効果となってしまいます。全身をバランスよく使える運動が良いでしょう。

椎間板ヘルニアの予防法として、最も重要なのが姿勢です。姿勢が悪いと、背骨に無理がかかってしまいます。
立っている時よりも座っている時の方が、腰には負担が大きいといいます。常に正しい姿勢を意識することで、腰への負担を軽減することができます。

また、ウェイトコントロールも重要になります。
体重が増えると腰にかかる負担も大きくなります。適正体重を保ちながら、適度な運動を習慣にすると、筋肉が鍛えられ血流も良くなり椎間板ヘルニアの予防になります。

ただし、無理な減量はしてはいけません、骨を弱体化させます。

一度、腰椎椎間板ヘルニアを発症したということは、それだけ腰椎に無理のかかる生活習慣になっているということです。
自分の仕事や生活の中で、腰椎に負担をかけているのはどんな事かをよく考えてみて、そこを改めるようにすることが一番の予防並びに再発防止法だと云えます。

腰椎椎間板ヘルニアには、医師に治してもらうのではなく、あくまで「治すのは自分だ」という、強い意志を持って取り組まなければなりません。