椎間板ヘルニアの予防にグルコサミン

椎間板ヘルニアの予防にグルコサミン

今話題のグルコサミンが椎間板ヘルニアの予防に効果があるとされています。

椎間板ヘルニアの痛みは、軟骨である椎間板がすり減って、関節組織がよく曲がらない事が原因とも考えられています。
つまり椎間板の外層にあたる線維輪が、退行変性を引き起こした状態の事です。

グルコサミンは軟骨を修復する働きがあり、椎間板が修復されることによって、痛みや腫れが和らいでくるとともに、弱っていた組織をしっかりしたものに作り替える事が出来ます。

グルコサミンは元々、関節やじん帯などに存在し、軟骨部分(関節)の構成や修復に欠かせない成分であるといえます。
蛋白質と糖を原料に肝臓で作られるのですが、年齢とともに、その製造能力が低下して人の身体に十分なグルコサミンが補給できなくなります。
従って外から補給し、不足分を補う必要があります。

グルコサミンは、食品の中にはごく少量しか含まれていないため、食事でグルコサミンを補うのは困難で、サプリメントで補給するのが一番の近道です。

軟骨組織や、関節液にあるコンドロイチンやヒアルロン酸の主原料にもなるため、椎間板ヘルニアにもグルコサミンが大切なのがよくわかります。

勿論、椎間板以外の関節部分の痛みを和らげるのにも効果があり、膝や肘などの関節痛や、リュウマチ等の痛みにも有効です。

椎間板ヘルニアの慢性期の痛み緩和に効果が期待されるのは勿論のこと、椎間板ヘルニアを予防するための方法の一つとして、ある程度の年齢になったら摂っておきたい栄養成分のひとつです。

また、グルコサミンはコンドロイチンとの併用で、関節内液や軟骨の造成をより一層効果的なものにします。
自己免疫性疾患であるリウマチ性関節炎や関節障害・腰痛・肩背痛・筋肉痛・腱鞘炎などの疼痛をも抑制する、すぐれた栄養成分です。