椎間板ヘルニア、家庭でできる予防法

椎間板ヘルニア、家庭でできる予防法

椎間板ヘルニアの原因のひとつに、長年積み重なった椎間板の疲労があります。
姿勢が悪く、骨盤などにゆがみが生じると、腰椎に不自然な負担がかかってしまいます。椎間板ヘルニアの家庭治療の基本となるのは、まずは日常の姿勢に気をつけることです。

本来の正しい姿勢がどんなものなのかを医師に指導してもらい、その正しい姿勢を実践すると、逆に慣れるまでは正しい姿勢がつらくて驚くことと思います。

椎間板ヘルニアの時には特に、寝具にも配慮する必要があります。
体が沈むような柔らかいマットレスや布団では、寝ている間に不自然な姿勢となってしまい、腰や椎間板に無理がかかってしまいます。

しかし、硬すぎるのも良くありません。
適度な硬さの寝具で、できるだけ背中を反らせないようなものが良いでしょう。
必要に応じて膝の下にクッションを入れると腰が楽になります。
寝方は横向きで、股関節と膝を曲げて寝るのが良いとされています。

座る時は、あぐらをかいたり体育座りは、腰が丸くなるので良くありません。
正座をするか、椅子に座る時も座布団を敷くなどして、腰が丸くならないよう背筋がのびるような姿勢で座るように気をつけましょう。

また、予防にはウェイトコントロールは避けて通れません。体重による負担も原因となりますので、適正体重を保ちながら、適度な運動を習慣にすると、筋肉が鍛えられ、血流も良くなるので、椎間板ヘルニアの予防にもなりますね
椎間板ヘルニアの治療や予防に、コンドロイチンやコラーゲンが有効であり、椎間板の保護や再生に役立ちます。
サプリメントなども含めて積極的に補給することを心がけましょう。

毎日のちょっとした心がけで、家庭で簡単にできる予防法です。