椎間板ヘルニアに対する予備知識

椎間板ヘルニアに対する予備知識

椎間板ヘルニアは突然襲ってきます。

椎間板ヘルニアに対して何の予備知識もなければ、突然の激痛に頭が混乱してしまう事と思います。

勿論、専門医に診て貰う事は当然なのですが、あまりの痛さに動けない事もあります。
病院へ行く前にできる事があり、その対処によって復帰までの道のりが早まる事もあります。
この突然の来襲に対してすぐに対処できるようにしておきましょう。

【絶対安静】

急性期に安静にすることは腰痛関連の疾患全てにあてはまる処置です。
椎間板ヘルニアの症状が出た場合、できるかぎり「最も楽だと感じる姿勢」で安静にする事が重要なポイントになります。
エビのように丸くなって寝転んでいるのが楽なようです。
椎間板ヘルニアの痛みや痺れの原因は神経が圧迫される事で、それに対処することはできませんが、とりあえず自宅でできることは、腰痛の原因である炎症作用を抑える事です。

しっかりと体を休める事で、疲れ果てた筋肉は徐々にその機能を取り戻し、痛みが少し和らいで、ある程度なら身体を動かすことも可能となります。
とにかく腰に尋常でない痛みをと感じた場合は、可能な限り安静にするようにして下さい。

【アイシング(急性期)】

アイシングは急性期の炎症を抑える方法としてとても有効です。
炎症は「発熱」を伴うのが特徴で、患部は当然痛みと併せて熱をもちます。
椎間板ヘルニアの初期に限っては、患部をしっかり冷やし炎症を抑える事で筋肉疲労の回復を早め、痛みを抑えます。

しかしながら、低温火傷の原因ともなりますので、患部を直接冷やしてはいけません。
氷や保冷剤等を使う場合は患部の上にタオル等をあてて、その上から間接的に冷やすようにしましょう。
痛みが少し軽減されてきた慢性期にアイシングすることは、筋肉を収縮させてしまいますので、アイシングはあくまでも急性期の処置として行って下さい。

【患部固定】

安静とアイシングである程度腰の筋肉が回復すると、少し身体に自由が戻ってくると思います。
しかし、これで治ったわけではありません。
酷い症状からは脱却しましたが、腰の状態は未だ悪いままなので、ここで無理をすると再び痛みが戻ってくる可能性があります。

ある程度動けるようになったら、「コルセット」等で患部を固定して下さい。
コルセットが上半身を支えてくれるので筋肉にかかる負荷が軽減されます。
ただし、コルセットは日常的に使っていると筋肉が徐々に弱ってきますので、動く時だけ着用するようにしましょう。

【専門医の診察】

ある程度身体が動くようになり、コルセット固定で歩く事もできるようになったら、必ず医師の診察を受けて下さい。

自分の腰に何が起こっているのかをはっきりさせる必要があります。
椎間板ヘルニアの場合はX線レントゲンでは判明できません。通常MRI検査で診断されます。
原因が判明すれば、それによって医師の治療が始まります。