椎間板ヘルニア対策「水中エクササイズ」

椎間板ヘルニア対策「水中エクササイズ」

椎間板ヘルニアの予防や再発防止に、とても効果があるのが水中エクササイズです。

水の中は重力の影響が小さく、誰もがフワフワと水中を移動できます。
これは、通常の重力の中では大きな負担を被っている腰や膝は、水中では重力が小さいためにかかる負荷も軽減され、とても身体には優しい状態であるといえます。

勿論、継続的にそんな状態で生活をすることは、宇宙船の中にいる宇宙飛行士と同じ状況で、筋肉を使わないので、筋力が落ちて全身がフニャフニャしたような状態になってしまいます。

トレーニング目的で、一定の時間を決めてのプールでの運動は、椎間板ヘルニア対策上とても効果の高いものなのです。

水中で運動をすると、筋肉が水の抵抗を受けるので、重力とは別の抵抗が発生し、筋力トレーニングとしてはとても効果的なのです。

「腰への負担」は軽減され、筋肉への負担は意図的に調整ができるという環境は、筋力トレーニングにとっては極めて理想的であると云えます。

プールエクセサイズは椎間板ヘルニアで悩む全ての患者、とりわけ筋肉や骨の衰えが気になってくる高齢者にはとても良いトレーニングであり、リハビリとなるのです。

ただし、プールでのエクササイズの後は、しっかりと休息を取る必要がありますので忘れないようにしてください。

水中であれば、体を動かすことでトレーニング効果は十分に生まれますから、「こうしなくてはならない」というような決まった形などはありません。
水泳であろうと、ウオーキングであろうと自分が最もやりやすい形で行えばいいのです。

ただし、泳ぎにも水中歩行にも、勿論「より効果的な運動」というものはありますので、コーチなどから自分の能力に応じた、より効率的な運動方法を教えてもらうと良いでしょう。