椎間板ヘルニアの予防にプラセンタ

椎間板ヘルニアの予防にプラセンタ

プラセンタは、ほ乳動物の胎盤で豊富な栄養分を含みます。
プラセンタは若返り効果を発揮するだけでなく、肝機能の改善や脊椎管狭策症などの腰痛、更に研究が進むにつれて不妊にも効果があるといわれるほど、実に様々な症状に効果があると云われています。

プラセンタは体の健康機能へ働きかける作用により痛みの軽減や、免疫力アップの効果があります。
また、血行をよくすることから、腰痛または肩こりの傷み部分の血の流れを改善し、痛みを徐々に和らげていくという効果をもたらせてくれます。

そして、プラセンタの最大の効果は、体を本来あるべき姿に戻すことです。
しかし、腰痛からさらに椎間板ヘルニアになった場合、プラセンタは突き出してしまった椎間板を元に戻すことはできません。

しかし、プラセンタによって脳に痛みを緩和する指令が出され、その効果で椎間板のまわりの組織が柔軟になって痛みをやわらげることができるのです。

老化や傷ついた組織を修復する作用もありますので、回復を早めるだけでなくヘルニアになりにくい体をつくります。

椎間板ヘルニアは、軟骨である椎間板が自分の体重に耐えきれずに飛び出す場合もありますので、プラセンタが持っている骨自体を強化する働きが、椎間板ヘルニアの予防に有効である事がわかります。

プラセンタは薬ではなくて、生命体の一部であるほ乳動物の胎盤です。 現在ほぼ豚の胎盤を用いているのでBSEの心配もなく安心です。

プラセンタ注射は病院のみで対応しています。
市販のサプリメントでも同じような作用があります。 ただし、やはりプラセンタの効果には個人差がありますのでの、その点は理解しておく必要があります。

腰痛に対して速効性が高いのはプラセンタ注射ですが、通院が難しい場合、サプリメントでエキスを続けて摂取する方法もあります。