椎間板ヘルニア、レーザー治療のメリット&デメリット

椎間板ヘルニア、レーザー治療のメリット&デメリット

椎間板ヘルニアのレーザー治療は、従来の外科的手術のように身体にメスを入れる必要もなく、全身麻酔をかけることもないので、患者への負担が少ないことが特徴で、感心を持つ方も増えているようです。

入院の必要もなく、治療のあとは1時間程度の安静で自宅に戻ることができます。
長期間の入院が困難な患者さんには、これはとてもありがたい治療方法である事は間違いありません。

椎間板ヘルニアで痛みが発生するのは、椎間板の内圧が上昇しヘルニア塊が神経を圧迫する事が原因となっているからです。

椎間板ヘルニアのレーザー治療は、皮膚の上から数ミリの針を刺し椎間板中央の髄核にレーザーを照射します。
レーザー照射によって蒸散した髄核は容量が減少し、内圧が下がります。
椎間板の内圧を下げる事によりヘルニア塊を引っ込め、神経への圧迫を軽減させるという仕組みです。

椎間板ヘルニアのレーザー治療は、治療にかかる時間はおおよそ10数分でほとんど痛みを伴わず、手術のように麻酔が切れたあとの痛みに悩まされる事もありません。

患者さんの肉体的な負担が少なく、効果が出れば早期社会復帰できるなどの大きなメリットがあり、画期的な治療法といえると思います。

しかし、全ての椎間板ヘルニアの症状に効果的というわけではなく、ヘルニアが巨大になっている場合などでは高い効果は期待できないでしょう。
また、自由診療となるため健康保険が効かず、全額自己負担となるので治療費用が高くつくというデメリットがあります。

レーザー治療が可能な状況であるか否かを医師と相談し、メリット、デメリットを良く考え合わせた上で、条件が合致するならば、受けてみる価値がある治療法ではないでしょうか。