椎間板ヘルニア、日常生活の注意点

椎間板ヘルニア、日常生活の注意点

長年積み重なった椎間板の疲労が原因で椎間板ヘルニアになることがあります。
姿勢が悪いと骨盤にゆがみが生じ、脊椎に不自然な負担がかかってしまいます。
椎間板ヘルニアの家庭治療の基本となるのは、日常の姿勢を正すことです。

どのような姿勢が正しいのか、一度しっかりと医師に指導してもらうと良いでしょう。
しかし、その正しい姿勢での生活は、最初は逆に苦しくて、驚くことと思います。
それだけ今まで楽な姿勢に慣れていて、結局それが椎間板ヘルニアなど、腰痛の原因になっていたのです。
最初は苦しかった正しい姿勢での生活も、慣れて身についてくると、気持ちよく感じられると思います。

椎間板ヘルニアの時には特に寝具にも注意しなければなりません。
体が沈むような柔らかいマットレスや布団では、寝ている間に不自然な姿勢となってしまい、腰や椎間板に無理がかかります。

とはいえ、硬すぎるのも良くありません。
適度な硬さの寝具で、膝の下にクッションを入れて、できるだけ背中を反らせないようにしてみることや、横向きで、股関節と膝を曲げて寝るのが良いでしょう。

座る時は腰を丸くするような、あぐらや体育座りは良くありません。
正座をするか、椅子に座る時も座布団を敷くなどして、腰に無理がかからない姿勢になるようにしましょう。

また、食生活では、コンドロイチンやコラーゲンン、カルシュウムの摂取に心掛けるようにしましょう。
サプリメントの利用も良いでしょう。

椎間板ヘルニアの家庭治療は、焦らず、無理をせず、じっくりと気長に取り組んでいくことがポイントです。