椎間板ヘルニア、保存療法で処方される薬は

椎間板ヘルニア、保存療法で処方される薬は

椎間板ヘルニアでは、多くの場合で薬物などによる保存療法で治療されます。
椎間板ヘルニア発症時に起こる激しい痛みや炎症を抑え、血行を促すことを目的に鎮痛剤を中心に様々な薬が用いられます。
では椎間板ヘルニアの治療薬にはどのような薬が使われているのでしょうか。

【ミオナール】

筋肉のコリをほぐして痛みを緩和する薬です。
椎間板ヘルニアによって発症した腰や足の痛みを和らげます。
また血流を促進し、筋肉の緊張を和らげる効果もあります。

ミオナールは同類の薬の中で、最も穏やかな効き目をもたらす薬で副作用等の心配も少ないので、長期的に服用しても大きな心配がありません。
ただし肝臓に問題がある方は、医師に伝えておく必要があります。
また骨髄や脳血管などをはじめとする痙性麻痺にも効果があります。

【ロルカム】

ロルカムは成分名をロルノキシカムといい、腰痛によって発症した腫れ、炎症の解熱効果があります。
ロルカムは対症療法薬であるため、椎間板ヘルニアそのものを治すというものではなく、様々な病気で発症する腰痛・頭痛・吐き気等々に対して、鎮痛・鎮静効果をもたらす薬です。

ロルカムは消炎・鎮痛剤ですから、長く飲み続けることはないのですが、やや胃腸に負担がかかりますので、腎臓や肝臓の悪い方は勿論ですが、胃腸の弱い方は、一応医師に伝えておく必要があります。

【ボルタレンサポ】

ボルタレンサポも対症療法薬の一種で、腰の痛み・腫れ・炎症を鎮める座薬です。
薬理的にはロルカムと同じで、炎症や発熱を引き起こす物質「プロスタグランジン」の生合成を抑制します。

ただし、坐薬なので速攻的に作用しますから、急に体温が下がりすぎることもあります。重い副作用はないのですが、喘息やアレルギーのある子どもやお年寄りには注意を要する薬です。

また稀に胃を荒らすこともありますので、使用していて胃がむかつくようであれば、使用を一時中止して様子をみるようにしましょう。

【モーラス】

腰痛シップとして有名なインドメタシンと同じく、体内で作られている発痛増強物質:プロスタグランジンを抑制する効果があります。
モーラスは内服液のものもありますが、一般用医薬品としては外用薬が主流です。
なお光線過敏症のある方は、使用中の戸外の活動は控えるようにした方がいいでしょう。

【その他(メトカルバモール・カリソプロドール・シクロベンザプリン・ジアゼパム)】

これらの薬は筋肉の緊張を緩和する効果のある筋弛緩薬です。
ただし、これらの薬は副作用も考えられており、多くの医師がこれらの薬の効果に対して疑問をもっているようで、高齢者に対して処方するべきでないともいわれています。

以上の薬は椎間板ヘルニアの痛みを鎮めて、筋肉の緊張をほぐすために有効です。
初期の痛みがある程度引いたら、薬はストップして理学療法などの筋力強化などに移行し、薬なしで痛みをコントロールしていくことが理想です。

椎間板ヘルニアの改善のために姿勢を矯正して腰への負担を少なくし、かつ筋力の強化を図ることは、風邪で例えて言うならば、栄養と体力をつけて抵抗力を取り戻し健康を回復する事と同じなのです。