椎間板ヘルニアを疑ったら

椎間板ヘルニアを疑ったら

腰痛の治療は、ひどい歩行障害や排尿障害などの神経症状がみられない限り、手術は行わず保存療法で治療が進められます。
腰痛のなかでも幅広い年代で発症することが多い椎間板ヘルニアも、多くの場合保存療法で治療が行われます。

【整形外科で診断】

先ずは整形外科を受診して、椎間板ヘルニアであるかどうかをきちんと判断しなければなりません。
プロでもアマチュアでもスポーツをしている方には、日頃からかかりつけとしている整骨院などがあるとしても、腰痛できちんと診断してもらうという場合は整形外科に行かなければなりません。
そこでレントゲン、またはMRIによる正確な診察を受け、腰痛の原因を確定します。
整骨院や鍼灸・マッサージは、画像診断で腰痛原因を特定してから、治療の選択肢の一つとして考えるようにするのが良いでしょう。

【急性期治療】

椎間板ヘルニアと診断されても、直ちに手術になることはありません。
手術となるような場合でもまず痛みを取り除く必要があります。
椎間板ヘルニアの保存療法では、主に薬物療法と理学療法で急性期の痛みを取り除きます。

薬には、痛みどめの消炎鎮痛剤、しびれが強い場合はビタミンB12製剤、また血流を良くするためにプロスタグランジン製剤などが使われます。
理学療法としてはホットパックなどの温熱療法が一般的ですが、これは安静と鎮痛剤で痛みがある程度ひいてからとなります。

椎間板ヘルニアでは腰部から下肢にかけて急激な激痛に見舞われますので、まず患部をアイスパックや冷湿布などで冷やすというのが鉄則です。
椎間板ヘルニアの急性期は、冷やすことを優先し、炎症がおさまって歩けるぐらいになってから温めて血流を改善していきます。

【ストレッチで筋肉をほぐす】

椎間板ヘルニアで急に激しい痛みに襲われても、安静にして鎮痛剤を飲んでいれば、早ければ2~3日で、長くても5日ほどで当初の激痛がおさまり、歩けるようにもなるはずです。

痛みがおさまり歩けるようになったら、ストレッチで筋肉をほぐすようにしていきましょう。
ストレッチを行う場合は、かならずリハビリテーション科の理学療法士など、有資格者・専門職の方に指導を受けて行うようにしてください。

椎間板ヘルニアでしびれなどがある場合は、お尻や腿の裏側の筋肉が緊張していることが多いので、こうしたコリや緊張をストレッチでほぐす事が痛みの軽減に効果的です。
しかし、一度ほぐれた筋肉はすぐにまた凝ってしまうので、こまめにストレッチを繰り返していくことが必要となります。また同時に筋肉を冷やさないように注意してください。

【筋力強化】

ストレッチとともに大事なのが、筋肉を強化することです。
腰痛改善の為の筋肉強化は、インナーマッスルの強化に重点が置かれますので、無理な運動やハードな運動はしないのが一般的です。
筋肉強化のエクササイズは、整形外科のリハビリ部門でも指導してくれますが、自分の意志で毎日の生活のなかで少しずつ強化していく事が大切です。

いちばん簡単で間違いのないエクササイズは、歩くことです。
普段から運動不足で歩く機会も少ない人は椎間板ヘルニアになりやすい傾向にあります。痛みのあるうちは歩くこともままならない事がありますので、無理をしてはいけませんが、痛みが引いて歩けるようであれば、腰痛予防の筋力強化になりますので、ウオーキングにぜひ取組んでみてください。

一連の保存療法で効果があまり見られない場合は、痛みを脳に送らないようにするために、神経を麻酔でブロックする神経ブロックや、腰に小さな穴を開けて椎間板にレーザー照射を行い、神経を圧迫している椎間板を小さくするPLDD療法というものもあります。

このように色々な保存療法がありますが、スポーツ競技に真剣に取り組んでいる方で、手術によって完治を目指したいという場合は、医師とよく話し合って、術後のリハビリのことや手術を受けるデメリットなどについて説明を受けて納得した上で決断してください。