椎間板ヘルニア予防対策「散歩」

椎間板ヘルニア予防対策「散歩」

椎間板ヘルニア予防の方法として最も身近で楽しくできるのが「散歩」です。

「散歩」が直接椎間板ヘルニアには作用しませんが、体の筋肉のバランスを整え、運動不足を解消し、椎間板ヘルニア予防の第一段階である腰椎回りの強化を可能とする土台作りができます。

散歩はどちらかというと「健康な体を作る」という概念のもので、「心身共に健康体にし、人間の本来あるべき自然治癒力を回復させる」目的で行うと考えた方がいいと思います。しかし、「散歩」は非常に効果の高い健康法で、 やればやるだけ効果が出てきますので、年配の方、リハビリ途中の方などは「散歩健康法」を実践される事をお勧めします。

散歩の優れている点は、用意する必要があるのは「靴」「服」「帽子」程度で、どの家庭にもあるものだと思います。
今あるものですぐに始める事ができるので経済的です。
体にかかる負担は非常に軽いけれど、効果はきっちりと出るという、いわば「優れもの健康法」といえます。

ただし、可能な限り「靴」にだけは拘りをもって、ジョギング用と同じくらいしっかりとした衝撃吸収の仕組みが取り入れられている靴を購入していただきたいと思います。
散歩の衝撃はジョギング に比べるとかなり軽いのですが、それでも腰への負担はかかってきますので油断は禁物です。

その他に必要なのは「時間」だけです。
歩く時間帯も距離も、全てを自分の裁量で調整ができ、とても気楽にできることが散歩の優れているところです。

散歩は全身の筋肉をしっかりと使う運動です。
散歩はじっくりゆっくり、継続的に行う事がポイントです。

同じ運動を継続的に続ける事で筋肉はジワジワ疲れてきます。
ゆっくりゆっくりと筋肉は疲労していきますので、散歩前後にはしっかりとストレッチをして筋肉をほぐす必要があります。
そうすることで筋肉はほぐれ、強化され、 そして疲労も溜め込まないので、散歩がより効果的になります。
正しい姿勢で歩く事を意識していれば骨盤の調整効果も得られます。

多くの方が朝の散歩をしていらっしゃいます。
朝の散歩の為に朝少し早起きする事は、健康上でも非常に効果的です。

そして十分なストレッチの後に適度な運動を行い、その後にしっかりと朝食をとる。
これを一日の生活リズムとすれば、 いわゆるバイオリズムを調整するにあたって非常に良い流れを作りだすことができます。

朝の散歩を しっかりしていると夜には体が睡眠を求めるので、人間にとって実に理想的な生活リズムが自然と確立されていきます。

自分のペースで自分の計画通りに、また修正も都度自由にできるので、「散歩」は自己管理ができる人であれば誰にでも簡単に始められる経済的なフィットネスです。