腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアの初期症状では、足の感覚や運動能力の低下、同じ姿勢を維持することが辛い、などの症状が現れます。

しかしこの初期症状は、ともすると疲れや運動不足、老化などのせいとして片づけてしまいがちで、この段階で病院にかかる人は少ないようです。
初期症状を放っておくと病状は進行し、腰椎椎間板ヘルニアの本格的な症状が現れるようになります。

腰椎椎間板ヘルニアになると、腰痛と共に臀部から太ももとふくらはぎの裏から外側にかけて片側にだけ痛みやしびれが起こります。
これはヘルニアが坐骨神経を圧迫しているためで、坐骨神経痛と呼ばれている症状です。
  
この痛みの程度は、常にジンジンと痛む、眠ることができないほど激しく痛む、ジワジワと痛むなど人によって異なっています。

また、脊髄は骨に囲まれていますので、ヘルニアによって圧迫されても出口が無く、損傷してしまい、下半身マヒへと繋がります。
そこまで至ると、日常生活が困難になる事もあり、なるべく早い段階で治療を行うことが必要です。

腰椎椎間板ヘルニアが運動神経を圧迫するようになると、常に足にしびれを感じるようになります。
症状が進行していくと下半身全体の感覚が低下していき、体温調節ができずに足の冷え、足の感覚の低下、排尿障害などを引き起こすようになります。

腰椎椎間板ヘルニアは悪化すると手術が必要になる場合もあり、大変です。
しかし、初期段階で適切な治療を行えば、脊髄への重大な損傷もなく、治癒する可能性がある疾患ですので、まずは整形外科などで受診してみましょう。

【椎間板ヘルニアにおける自覚症状】

・立っていても、ちょっとの時間(10分位)椅子に腰掛けていてもすぐ辛くなり、寝転びたくなる。
・下肢に放散痛(ビリビリとした痛み)をおぼえる。
・前かがみの姿勢で痛みが強くなる。
・下肢の一部に触っても感覚が殆ど無い。
・座った状態から立ち上がるのが痛くて辛い。
・膝を伸ばした位置での下肢の持ち上げが困難。

などがあげられます。