腰椎椎間板ヘルニア、好発年齢は

腰椎椎間板ヘルニア、好発年齢は

腰椎椎間板ヘルニアを発症しやすいのは高齢者ばかりではありません。
は、20歳~40歳代、次いで10歳代、50歳以上となっています。
ヘルニアが出現しやすい場所は、第4、第5腰椎の間、それと第5腰椎と仙椎の間です。

最近、椎間板ヘルニアにも遺伝子があることもわかってきて、両親や兄弟に家族発生することも少なくありません。

10代や20代の若い人が、腰椎椎間板ヘルニアを発症する要因としてスポーツがあり、スポーツ好きの男子や比較的体格の良い人女子に多く発症します。

スポーツの激しい動作や、前屈姿勢と捻り動作による負荷が重なった時には注意が必要です。そのような状態を継続することでヘルニアの出現率が高まります。

症状は成人の場合と違い、殿部の痛みを強く訴えます。痛みのために背骨がS字状に曲り、太ももと骨盤が棒状に硬くなり、足を上げると骨盤も一緒に上ります。

20歳~40歳代の成人の腰椎椎間板ヘルニアは急性の強い腰の痛みと殿部に痛みが走り、歩行が困難になります。
腰と足の痛みは立っているときより座ると強く、咳やくしゃみでも激痛が走ります。

急性期では、手を腰にあててかばい、上体を腰から少し屈めるようにして片側の膝を曲げて歩きます。
脊柱は痛みのために疼痛性側弯(S字状に曲がる)が起こり、腰部が板状になり動かせなくなります。

ベッドに上向きに寝かせて、膝を伸ばして足を挙げると殿部に強い痛みが出ます(SLRテスト)。
レントゲンには映りませんが、MRIで髄核の脱出を見ることができます。

高齢者の腰椎椎間板ヘルニアは、特に原因などなく発症することがあり 脊柱管狭窄症を合併するものもあります。
椎間板が変性して硬くなっているために髄核が突出しにくくなり、発症は成人に比べて少なく、発症部位は成人のヘルニアが下位腰椎に集中しているのに対し、高齢者では上位腰椎にもみられます。

高齢者の場合は、椎間板の変形や骨粗鬆症による骨のもろさも加わり、特に誘発要因がなくても痛みが発症することもあります。

いずれの場合も腰部に急激な痛みを感じた時には、まずは患部を冷却しエビ型の姿勢で安静にすることが大事です