椎間板ヘルニアの初期症状治療は保存療法で

椎間板ヘルニアの初期症状治療は保存療法で

「ぎっくり腰」「椎間板ヘルニア」「坐骨神経痛」「脊柱管狭窄症」等の各症状に対して、まず行われる治療法がこの「保存療法」になります。
保存療法とは所謂「手術を行わない治療法」のことです。

初期から中期症状程度の方でれば7~8割の人が、時間がかかる場合もありますが、この保存療法で症状が改善に向かうといわれています。

身体に最も負担が少ない治療法であり、ブロック注射や手術にあるような精神的な負担も殆どありませんので、年齢に関係なく安心して受けられる治療法です。

保存療法は手術等の外科的な治療を極力避けるために先ず行われる治療で、手術に比べると体にかかる負担がかなり少なく、入院による物理的な移動や束縛、心理的な圧迫といったものもありません。

保存療法による治療は、多くが幾つかの保存療法の「組み合わせ」によって行われるもので、1つの保存療法だけで治療を進めることはまずありません。

「ぎっくり腰」「椎間板ヘルニア」「坐骨神経痛」などの症状の際には、日常生活が困難になるなどの余程の重症でない限り、まずは保存療法によって症状の緩和を目指します。
それでも症状が改善されないで、さらに悪化するような場合にブロック注射や手術による治療方法が行われます。

「ぎっくり腰」「椎間板ヘルニア」といった「腰痛」の人でも、7~8割は保存療法で改善されるようです。

しかし、保存治療はあくまでも軽傷の場合に限られます。
また、最近ではあまり重症でない限り、日帰りのレーザー治療も行われるようになり、早期の回復が可能になっています。

これらの事からも、早期発見早期治療が大変重要な意味を持っていると云えます。