保存療法と手術、レーザー治療はどれが良いのか

保存療法と手術、レーザー治療はどれが良いのか

椎間板ヘルニアの治療の中でどれが一番効果の大きなものと言えるのでしょうか。保存療法の場合、即効性はありませんが、長期的に訓練や治療を行なっていくことになるので、正しい筋肉や姿勢を作っていけるようになります。そのためある意味では一番再発の危険性が少ないと言う事もできます。

手術は、大きく回復に向かわせることができますが、ある程度のリハビリは当然必要であり、また姿勢などが悪い状態が続くと再発などのリスクも当然あることになると言えるでしょう。100パーセント完治するとは限らないということも言えます。

レーザー治療は短時間絵素早く治療を行え、大きな回復効果を期待することができます。しかし費用が大きく、また対応できないヘルニアもあるので、万能ということではないことに注意が必要となります。

長期的に見ていくと、どの治療方法もそれなりに再発のリスクがあると言えますが、保存療法をしっかり行なっておくことの意味は大きいでしょう。手術などであっても保存療法の要素を取り入れたリハビリを長期的に行なっていくことは必要になると言えます。