椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアに突然襲われると、殆どの場合で直立するのが困難になるほどの「激痛」に襲われます。

初期症状であれば、腰を前にかがめた時にちょっと痛みが走る程度で済みますが、ぎっくり腰や分離症・すべり症などの腰痛疾患が発展して起こった場合、身体を少し動かすだけでも「激痛」が走り、身動きできなくなってしまいます。

椎間板は背骨を構成する一要素です。
背骨は椎骨と呼ばれる小さな骨が24個積み木のように積み重なってできています。
そして、椎骨と椎骨の間には、「椎間板」とよばれる一種の軟骨が存在し、クッションの役割を果たしています。

椎間板が介在する事で、骨同士の接触を防ぎ、また背骨にかかってくる負荷をうまく吸収しているのです。
どら焼きで例えるならば、どら焼きのカステラ部分が椎骨で、あんこが椎間板と想像してもいいでしょう。

椎間板は、繊維輪(周辺の硬い部分)と、髄核(中心部分)で構成されています。
椎間板をアンパンで例えると、アンパンの外の皮が「繊維輪」で、中のアンコが「髄核」となります。

「ヘルニア」は、「突出した状態」という意味で、繊維輪に亀裂が生じ、髄核の圧力が高くなり、膨れてその繊維輪の亀裂を破って髄核が飛び出してしまう事を、椎間板ヘルニアといいます。

背骨には脳から身体の各部位に伸びる脊髄中枢神経が走っていて、ヘルニアが起こるのは主に椎骨の後方です。

神経痛は神経が損傷しなくても、接触するだけですぐに発生します。
その為、脊椎後方、脊髄中枢神経に向かって飛び出した椎間板(正確には椎間板のアンコ部分の髄核)が脊髄神経根を圧迫する事により、激しい痛みや痺れなどの症状を引き起こすのです。

これが椎間板ヘルニアによって引き起こされる神経痛の仕組みです。
多くの場合、椎間板ヘルニアの症状は前屈によって引き起こされます。