椎間板ヘルニアの種類

椎間板ヘルニアの種類

椎間板ヘルニアを発症した場合、ヘルニアがどこに突き出しているかによって、痛みの強さや体の状態など、症状が違ってきます。

一般的に、神経根が内側、外側の、どちらから圧迫されるかによって、どちら側かに体の傾きが現れます。
これは、体が痛みを回避しようとすることから、無意識に現れる状態です。

【外側性ヘルニア】

外側ヘルニアは脊柱管の外にあるので、非常に見逃されやすいヘルニアです。
MRIで脊柱管内の神経の圧迫は全く受けていない事が確認できても、片側の下肢に頑固な痛みを訴える場合があります。

そのような場合、医師はMRIで脊柱管の外をじっくりと観察し、外側ヘルニアを見つけることがあります。

進行すると腰痛に加えて同側の臀部から大腿後外側部へ放散する痛みが出るようになります。これが「坐骨神経痛」と呼ばれるものです

ヘルニアが神経根の外側を圧迫すると、体は痛みを和らげるため、痛みと反対側に傾きます。

【内側性ヘルニア】

ヘルニアが中心部に大きく突き出た内側型ヘルニアは、神経症状が重くにわかに排尿障害や排便障害が発現することがあり、この場合は緊急手術が必要になります。

内側性ヘルニアでは神経根の内側を圧迫するために体が痛む側へ傾きます。

【中心性ヘルニア】

中心性ヘルニアの場合、髄核は腰椎の断面を上からみた時に、時計の針でいうなら12時の方向に脱出します。

脱出型の椎間板ヘルニアというと、中心からずれて飛び出て、神経根を刺激するパターンが一般的に多いわけですが、まっすぐ中心に飛び出るパターンのヘルニアは、下肢の痛みやしびれが両足に出たり、腰痛よりも腹痛のほうが強く出たりするなど、ほかの脱出型とは違った症状を起こしやすいという特徴があります。
また、腰を丸めた状態で痛みが増します。

さらに中心性の椎間板ヘルニアは、背髄神経本体を圧迫するもので、病状が進行していない段階から排尿障害を起こしやすいということもあり、ヘルニアのパターンとしては厄介なケースと言えます。