腰椎椎間板ヘルニア「ペインクリニック」での治療

腰椎椎間板ヘルニア「ペインクリニック」での治療

腰椎椎間板ヘルニアは加齢や腰に対するストレス、あるいは遺伝的要素などにより腰部の椎間板に亀裂が入り、中心部の髄核が亀裂から飛び出して、脊髄神経や下肢へ通じる神経根を圧迫して、腰痛や坐骨神経痛、下肢の痺れなどを引き起こします。

腰椎椎間板ヘルニアは、髄核の水分が減少して髄核内圧が落ちる高齢者よりも、まだ中に水分が多く髄核内圧が高い、若年から壮年にかけて発症しやすい傾向にあります。

症状は腰痛から始まり、次第に下肢の痛みが出てくることが多く、特に体を動かした時や座ったまま,立ったままの姿勢で痛みが増強します。

腰椎椎間板ヘルニアは、下肢の知覚や腱反射の検査と臨床症状により医師は大体判断できますが、最終確認はMRI検査です。
X線検査では、髄核が飛び出て神経を圧迫していることの確認はできません。

以前は痛みが取れない場合は比較的早期に手術でヘルニアを摘出することが多かったのですが、近年MRIの進歩で、ヘルニアが段々消失したり小さくなることがわかってきており、手術の頻度は相当少なくなっています。

ただし、多くの場合、発症後かなりのながい期間で、痛みに悩まされることになります。
電気治療、マッサージ、痛み止めの内服、湿布を貼っても痛みが取れず、症状が長引くばかりではなく、悪くなるようなら、ペインクリニックでの治療が選択されることがあります。

ペインクリニックでの治療は、主に腰部硬膜外ブロック注射で痛みをとる治療法となります。

ただし硬膜外ブロックで効果が得られない場合には、硬膜外ブロック針の刺入部位を変えたり、局所麻酔薬を変えたり、量や濃度を変えたりして最も効果が期待できる硬膜外ブロックの方法を見つけることになります。

どうしても硬膜外ブロックで効果がない場合は、ヘルニアに圧迫されていて痛みの原因となっている神経根に直接局所麻酔薬とステロイドを注入する腰部神経根ブロックが有力な治療法となります。

ただし、直接神経に針を刺しますので、神経損傷の可能性があり、同一神経根へのブロックは月に3回が限度でそれ以上行うと神経麻痺の可能性があります。

また、最近は椎間板内に生理食塩水を加圧注入してヘルニアの突出を小さくする治療法も行われています。しかしかなりの痛みをともなう手技です。

腰椎椎間板ヘルニアは若年~壮年の働き盛りの方に多く発生します。
痛みを軽減させるためには安静が大変重要なのですが、仕事を休めない事が多く、結局仕事で腰に負担をかけながら治療も同時に行っていく方が圧倒的に多いはずです。

それらの方は即効性があり、比較的短期間に順調に痛みが取れるペインクリニックでの治療を選ぶことになるようです。

また、高齢や心臓病などの理由で全身麻酔を受けられず、手術をあきらめている患者さんにとっても、積極的に受けられる治療法です。

ただし、巨大ヘルニアでヘルニアの縮小が期待できず、各種ブロック治療も効果なく、激痛が持続して日常生活ができない状態が続く場合や、下肢の筋力が低下するような場合は手術が必要となります。