上半身にも違和感を覚える場合

上半身にも違和感を覚える場合

椎間板ヘルニアは下半身だけに症状が出てくるわけではありません。時に上半身まで症状が出てくることもあります。上半身であると腰椎ではなく、それよりも上の部分でヘルニアになってしまっている可能性があります。上半身に違和感を覚えたときには、しっかりと医師に診てもらったほうがよいでしょう。当然椎間板ヘルニアではないものが原因になていることもあります。しかし椎間板ヘルニアであった場合、腰椎の時よりも大きな症状になってしまう危険性もあると言えるでしょう。

しびれなどは椎間板ヘルニアの特徴的な症状になってきますが、突然痛みを覚える人もいます。またしびれは痛みの前兆であることもあります。痺れを軽くみないで、適切な対処をしておきましょう。適切な対処は時間が経過すれば経過するほど、その存在の大きさを見せてくれることになります。非常に基本的なことが症状の改善につながることもあるので、侮ることはできないといえるでしょう。